HOME > 法学部で取得しやすくなる資格「社会教育主事」

法学部で取得しやすくなる資格「社会教育主事」

法学部では、特定の科目を履修することで得られる資格として、中学校・高等学校の教諭の免許などがあります。国家公務員の試験のように、法学部の卒業生にとって、有利になる資格試験などもあります。

法学部で社会教育主事になるには、所定の単位を取ることが必要となってきます。具体的な例を見ていきましょう。

明治大学は、1975年に社会教育主事課程を開設しています。大学としては、実際に仕事に就くことを考えている人だけではなく、生涯学習の観点を持って、文化と教育に関わることを希望する人の履修も期待しています。

東洋大学では、通信教育課程を除く全学科で資格を有することができます。札幌学院大学では、所定の単位を修得すると、卒業と同時に、任用資格認定書を交付します。

社会教育主事になるには、公務員として採用されて、1年以上「社会教育主事補」を経験しなければいけません。実際の仕事の内容は、公民館や社会教育センターなどで教育活動を行っている地域のリーダーに対して、アドバイスを送ったり指導をすることです。

地方自治体主催の生涯学習講座や社会教育講座には、企画運営に関わっていきます。自らが講義をすることもあるし、地域の事情を考慮しながら、ふさわしい講師を斡旋することもあります。

身分は地方自治体の教育委員会に所属して、地方公務員ということになります。教育委員会事務局に配属された場合は、原則勤務時間は規則的です。

しかし、社会教育講座は、平日の夜や土曜日・日曜日に行われることもあり、勤務時間が不規則になることがあります。特に公民館に配属された場合には、このような傾向が強いです。

地域社会のために役に立ちたいという熱意が何よりも大切となる職業です。社会教育に携わる職員も指導していく立場ですから、社会教育に対する豊富な知識を持っていることはもとより、幅広い教養も必要で人間性も大切です。

仕事を行うに当たっては、社会教育を行う地域・団体に必要なことを分析する力や、企画運営の能力が大事となります。

アドセンス広告

ページトップへ