HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 東洋大学法学部

東洋大学法学部

東洋大学の法学部は1956年に開設され、法律学科の1部、2部のイブニングコースで始まりました。東洋大学の法学部には現在法律学科と企業法学科、法律学科イブニングコースが設置されています。

法律学科では社会生活に欠かすことのできないルールである法、法制度の在り方について体系的、学問的に研究、教育することを目的としていて物事を科学的、論理的に判断することのできる能力やリーガルマインドを身につけ、広い分野で活躍することのできる人材の育成を目指しています。公務員や企業への就職など多彩な進路に対応した公共政策コース、法律職や裁判所事務官などの受験者、法科大学院進学希望者、司法書士など目指す法職コースが用意されています。

バランスのとれた幅の広い分野の科目が設置されていて、時代の変化に対応することのできる科目が開講されているほか、少人数の授業体制を取り入れた法学演習などが特徴になっています。企業法学科は経済学、経営学といった側面からの研究を目的としており、企業をめぐる問題に対して柔軟、大胆な分析能力と判断力を持ち、対処することのできる人材の育成を目指しています。

一般企業への就職や法律知識を使用する専門職、市場、企業で活用することのできる諸資格を習得する企業法務コース、海外の最新法事情について把握し外国の文科事情を学習することのできる国際企業コースがあります。経営学関連科目が多く配置されていて、国際的な舞台で活躍するための実践的科目が開講されていたり、法学演習でも少人数による授業が行われることによって、法的思考能力を引きあげます。

法律学科イブニングコースは、基本的に法律学科と同じ内容になっています。学習時間が夜間になっていることで、仕事に就きながら法律を学びたいという学生を対象にした学科になっています。

卒業後の進路状況は法科大学院への進学や法曹などの法律専門職、公務員、教員、一般企業の法務部門などが多くなっています。納付金については前期が合計で815,000円、後期が合計で795,000円となっています。

東洋大学の法学部の偏差値は、55程度になっています。

東洋大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
55 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ