HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 桐蔭横浜大学法学部

桐蔭横浜大学法学部

桐蔭横浜大学法学部は、いろいろな問題が複雑に絡み合う現代社会において、より良い社会を実現するために、さまざまなジャンルのニーズに応えることのできる人材の育成に努めています。設置されている学科は法律学科であり、少人数ゼミでのコミュニケーション能力の養成、模擬法廷やミディエイション・トレーニングなどといった体験型授業、基礎からバイリンガルまでの語学教育をポイントとして授業が行われています。

学生それぞれの希望する進路によって法曹・公務員(E)、企業ビジネス・公務員(社会経営)、バイリンガル、スポーツ法学、教員養成という5つのコースが設置されています。法曹・公務員コースでは法科大学院への進学や国家公務員、地方公務員、司法書士、行政書士などの専門職などを目指します。企業ビジネス・公務員コースでは民間企業、各種団体職員、警察官、消防官、自衛官などを目指します。バイリンガルコースではアメリカのロースクールに海外留学してアメリカの弁護士資格、外資系企業や多国籍企業への就職を目指します。

スポーツ法学コースではスポーツ関連企業やスポーツ関連団体、スポーツ指導者を目指し法学の知識を身につけます。教職コースでは中学校教諭(社会)や刻棟学校教諭(公民)を目指し、教員採用試験に合格するための指導も行われます。桐蔭横浜大学法学部では、180名の学生を募集しています。入試方式は、一般募集として法学部前期募集(記述式試験)と全学統一試験(前期・後期)、センター試験募集(前期・後期)、推薦募集として指定校推薦と公募推薦、AO募集としてA方式とC方式、特別選抜募集として社会人と留学生、帰国生徒、3年次編入が実施されます。

競争率については1.1倍から1.2倍となっていて、平均偏差値については44程度となっています。桐蔭横浜大学法学部に入学するにあたっては入学金200,000円、授業料720,000円、施設費250,000円、諸会費42,160円で合計1,212,160円が必要になります。授業料などは分納できるので、入学時には727,160円を納入する必要があります。

桐蔭横浜大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
44 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ