HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 高岡法科大学法学部

高岡法科大学法学部

高岡法科大学は法学部のみの単科大学であり、1985年に学校法人高岡第一学園によって開設されました。「祖国の道議を興し、親の幸福を祈る人格」、「礼儀を尊重し、正しい判断力に基づく行動」、「潜在能力を抽出しつつ、愛情に導かれる教育」を建学の精神としていて、社会に貢献することのできる人材の育成に努めています。

学科構成は法律学科、ビジネス法学科という2学科で、ともに地域社会での即戦力となるために法学を学びリーガルマインドを身につけます。学科の選択については、1年次の終了時に決定されます。

法律学科では公務員や司法書士、行政書士などの法律専門職についての資格試験の合格、法曹を目指しての法科大学院進学を目指して高度な法的知識を学びます。体系的教育と伝統的法学教育が特徴であり、創造性と実践力をもって地域に貢献することのできる人材を輩出しています。

ビジネス法学科では法学だけでなく幅広い分野の教養を身につけ、主に民間企業への就職を目指します。グローバルな視点を持ち、幅広い人間性と実践力を兼ね備え、あらゆるビジネスシーンにおいて活躍することのできる人材を輩出しています。

資格取得に向けての支援も充実しており英検、宅地建物取引主任者、社会保険労務士、法学検定、ビジネス実務法無試験対策のための講座も開講されています。高岡法科大学法学部では、120名の学生を募集しています。

入試方式による内訳は指定校推薦入試で20名、一般推薦入試前期で10名、後期で10名、一般入試前期で35名、後期で10名、大学入試センター試験利用入試前期で15名、中期で5名、後期で5名、特別入試の社会人入試で若干名、外国人留学生入試で5名、AO入試の前期と後期で15名です。2011年度の入試での競争率は1.0から1.1倍で、合格者の平均偏差値は46くらいでした。

高岡法科大学法学部に入学する年度に必要な費用は入学金300,000円、授業料が前期後期各300,000円、施設設備が前期後期核100,000円で合計1,100,000円です。入学金以外は分納できるので入学時に納入するのは700,000円です。

またその他の費用として学生会費12,000円、後援会費200,000円、法学界費2,500円、学生教育研究災害傷害保険料3,300円が必要です。

高岡法科大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
46 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ