HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 摂南大学法学部

摂南大学法学部

摂南大学は、大阪にある私立大学でレベルはそこまで高くはありません。それでも法学部は偏差値が51となっていて、平均的です。

それなりに受験対策をしておかないと、受かりやすい大学であるとは言えないでしょう。そんな摂南大学法学部の入試方法には一般入試と推薦入試、AO入試という3種類があります。

この学部には司法・行政コース、ビジネス法務コース、地域政策コースという3つのコースがありますが、定員はこの3つのコースを合わせて220名となっています。学費については入学金が250,000円、授業料が年間で940,000円となっています。

摂南大学法学部法律学科の3コースですが、学習上の特徴としては司法・行政コースでは、行政法について主に学びます。個人情報保護条例やごみ処理法など、普段の生活と非常に身近な問題の解決法などについて学ぶため、日常社会でも、大学で学んだことをいろいろなところで活かすことができます。

ビジネス法務コースでは、商法を主に学んでいきます。大学卒業後に民間企業に勤めることを考えている学生や、将来何らかのかたちで起業しようと考えている学生たちのために、過去にあった判例を用いて学んでいきます。

地域政策コースでは、政治学を重点的に学びます。現代の国や地方の抱えている問題などを取り上げたり、近隣の自治体などに実際に出向いて聞き取り調査などをしたりもします。

この学部を卒業した後の学生たちの主な進路状況はというと、学んだ法律を活かして弁護士や裁判官、法曹界を目指す学生がいることはもちろんですが、公務員や民間企業を目指すなど、いろいろな方面への就職実績があります。また、卒業すると税理士の資格が与えられることもあり、この税理士の資格を活かして企業に就職する学生もいます。

摂南大学のキャンパスとしては寝屋川キャンパス、枚方キャンパスというふたつがあり、法学部は寝屋川キャンパスとなっています。この寝屋川キャンパスでは、8月に2回オープンキャンパスが実施されています。

摂南大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
51 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ