HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 西南学院大学法学部

西南学院大学法学部

西南学院大学法学部は、『キリストに忠実なれ』という建学の精神のもと、キリスト教的人間観、世界官、奉仕の精神で社会に貢献することのできる人材の育成に努めています。グローバル化する社会に対応していくためには国際的なコミュニケーション能力を重視しており、法学の専門知識だけでなく語学教育にも力を入れています。また出来る限りの少人数教育に努めており、教員と学生のコミュニケーションを充実させ、さらに現代社会に対応することができるだけの情報処理教育も重視しています。 学部を構成している学科は法律学科、国際関係法学科というふたつです。

法律学科では憲法、民法、刑法、国内法を中心に法学と政治学を専門に学び、多様な価値観を理解する力と批判的思惟をもって、現代社会のさまざまな分野で活躍することのできる人材を育成します。国際関係法学科では国際環境法、国際紛争法、国際情報通信法などを中心に学び、国際社会で起こり得るさまざまな問題に対して法的・政治的観点から分析し理解し、国際共同社会や異文化交流に寄与することのできる人材を育成します。

卒業生はさまざまな進路を選んでおり、在学中に取得した資格を活かした職場で活躍する人、公務員や国際機関で活躍する人、民間企業や非営利団体などでも多くの卒業生が活躍しています。西南学院大学法学部では法律学科270名、国際関係法学科80名で合計350名の学生を募集しています。

入試方式は一般入試で法律学科163名、国際関係法学科40名、大学入試センター試験利用入試の前期で10名と3名、後期で5名と2名、一般・センター併用型入試で15名と5名、指定校推薦入試で28名と8名、西南学院高等学校からの推薦入試で18名と6名、公募制推薦入試で10名程度と5名程度などとなっています。2011年度入試では競争率が1.0倍から2.8倍であり、合格者の平均偏差値は57程度でした。

西南学院大学法学部に入学する年度に必要な費用は入学金が270,000円、授業料は前期と後期で各360,000円、施設費は前期と後期で各65,000円、自治会費が5,500円、卒業アルバム費が4,000円、卒業記念品費が250円、学生教育研究災害傷害保険料が3,300円で合計11,133,050円です。

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
57 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ