HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 大阪大学法学部

大阪大学法学部

大阪大学の法学部には、法学と政治学を中心に学習し、バランスの良い秩序をつくり出す法学科、人類の公益を考え行動するための規範と能力を身につけるため法学や政治学、経済学の基礎を学習する国際公共政策学科というふたつの学科があります。法学科で法学や政治学を学習することによって身につけた知識と思考力は、法曹界や社会のあらゆる分野において役立てることができるようになっています。

興味を持って法学や政治学の学習に取り組むことができるように、カリキュラムが組み立てられています。学習環境も先進的な情報ネットワーク環境が準備されており、基本的なコンピュータの操作実習はもちろんのこと、法学や政治学に関する情報の収集および分析、また文書の作成やディベートの実習なども実施されています。

授業そのものも、コンピュータによる授業支援システムの利用や遠隔講義システムを使用した他大学との共同講義などが可能になっています。資料のリサーチ環境も先進的なものになっていて、ローライブラリーについては充実した国内外の法学や政治学関係の資料、最新の電子情報へアクセスすることができるようになっています。

国際公共政策学科は現代社会、国際社会で起きる問題について幅の広い視点から検討することのできることを目指していて法学、政治学、経済学などの多数の分野の基礎を習得し、現実の問題への理解を深めるとともに国際社会の法、政治、経済問題への応用力をも身につけます。また、国際社会で活躍するために外国語能力を身につけ、卒業要件とされている一定レベルの外国語能力を習得します。

そのほかにもコミュニケーション能力を身につけるため授業における口頭報告や討論、交渉、報告書の作成などにより表現力を向上させてリーダーシップを発揮することができ行動力のある人材を育てます。大阪大学の法学部で必要になる学費は、初年度納入金として817,800円が年間で必要になり、そのうち282,000円が入学金となります。

大阪大学の法学部の偏差値は、71程度とかなり高いポイントになっています。

大阪大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
71 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ