HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 日本文化大学法学部

日本文化大学法学部

日本文化大学の法学部では、日本の伝統や文化についての理解を深め、幅の広い教養を養成する人格教育を基礎としています。法学に関係する専門的知識を学習し、バランスのとれた優秀な人材を育成することを目指しています。

日本文化大学の法学部では、法律の学習は憲法や民法など基本になる法律を解釈することから始まっています。それを基礎として法について理解し、活用することのできる水準に到達することを目標としています。

企業コース、公共コース、法心理コースという3つのコースで構成されています。企業コースでは21世紀の企業社会で活躍することのできる人材の育成を目指し、一般企業への就職を希望している学生や将来経営者として家業を継ぐ学生、自ら起業家として会社を興すことを目指す学生を対象としているコースであり、経営者として企業をコントロールしていくマネジメント能力や判断力を身につけます。

公共コースは行政や司法の領域で求められる専門性の高い知識、人々を思いやる豊かな人間性を身につけて公共の利益に貢献することのできる人材を育成することを目指しています。国家公務員や地方公務員を希望する学生、法科大学院への進学を希望する学生、各種国家試験に挑戦しようとする学生を対象としているコースであり、公務員としての仕事に携わるために必要な専門知識、国民や地域住民、訴訟関係者などの人とかかわるための幅広い知識や教養、思いやる心を養います。

法心理コースは現代社会について『人間関係とコミュニケーション』というキーワードで理解を深め社会と文化、法律を見据えることのできる人材を育成することを目指しています。警察官を希望する学生などを対象にしたコースであり心理学や精神医学、社会学などの方面から人への理解を深めていきます。

日本文化大学の法学部で必要な費用は、初年度納入金額で1,430,000円となっています。定員は、200名になっています。

社会中学校教諭免許状、公民、地理歴史高等学校教諭免許状を取得することができ、日本文化大学の法学部の偏差値は39程度になっています。

日本文化大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
39 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ