HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 宮崎産業経営大学法学部

宮崎産業経営大学法学部

宮崎産業経営大学の法学部では六法を基本として学習し、その理解をもとにしてさまざまな関連する特別法の理解も深めていきます。進路支援を目的とした『法学検定対策I・II』という科目が設けられていて、公務員試験や各種国家試験の受験を目指す学生にとって役立つものになっています。

また、課外授業として『宅建チャレンジ塾』、『リーガルマイスター養成塾』といったものがあり、資格の取得を手助けします。法学部法律学科は行政システムコース、法律実践コース、スポーツ法学コースという3つのコースに分かれています。

行政システムコースは国家公務員、地方公務員を目指す学生のためのコースです。法律実践コースは弁護士、司法書士、行政書士などを目指す学生のためのコースです。

ここで法律の実務家になるための試験対策として、『法学検定試験対策I・II』が役立ちます。さらに学習の成果があらわれた学生に対しては、『法律専門職対策I・II』という講座も開講されています。

宮崎産業経営大学の入試方式としては推薦入試、一般入試、大学入試センター試験を利用した入試、特別入試が実施されています。推薦入試はさらに特待生入試、指定校入試、公募の専願・併願といったように分かれていて、一般入試は前期、中期、後期に分けて行われています。

大学センター試験を利用した入試では学力試験が課されず、特別入試は併設校からの選抜や編入・転入学、社会人・帰国生を対象としています。必要な経費としては、学費以外に委託徴収金がかかります。

合計で新入生ですと1,110,000円程度、在校生では年間で850,000円程度がかかり、前期と後期に分けて納入するようになっています。学費の援助として宮崎産業経営大学では日本学生支援機構の奨学金をはじめとして、地方自治体や民間からの奨学金も扱っています。

制度を利用することによって経済的な負担を軽くすることができるほか、スカラーシップの入試によって入学金、授業料などの免除を受けることも可能です。宮崎産業経営大学の法学部に合格するための偏差値は、目安が43となっています。

宮崎産業経営大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
43 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ