HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 九州大学法学部

九州大学法学部

九州大学法学部は九州帝国大学法文学部法科として1924年に創設して以来、九州大学教育憲章の『様々な分野において指導的な役割を果たし、アジアをはじめ広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する』ことを目的に歴史を歩んできました。学部としての教育目標には高い人間性、社会性の陶冶、一層の国際性の育成、専門知識を自立的・主体的に学ぶ基本的能力の養成、柔軟で批判的・創造的な思考力の育成を掲げています。

学部を構成する学科としては基礎法学、公法学、民刑事法学、国際関係法学、政治学という5つが設置されています。基本法学では法理学から日本法制史、西洋法制史など広い視点から法律を学びます。

公法学では憲法、行政法、行政学などを中心に公正・平等や市民の立場での法システムを学びます。民刑事法学では民法、刑法を中心に身近な生活のなかで法の知識を活かすことのできる人材を育成します。

国際関係法学では国際公法、国際経済法、国際私法などを学び、国際的な問題を法的立場から分析し学びます。政治学では政治学、政治動態分析、政治学史、国際政治学などを学び、政策の決定に携わることができる人材を育成します。

卒業後の進路に向けては、ひとりひとりが希望を達成することができるように丁寧な指導体制が整っています。2010年度の卒業生データでは、209名の卒業生のうち47名が大学院への進学、74名が企業へ就職、57名が公務員になっています。

九州大学法学部では、200名の学生を募集しています。入試方式による内訳はAO入試21世紀プログラムで1名、一般入試の前期で159名、後期で40名です。21世紀プログラムとは、21世紀を担う専門性の高いゼネラリストを育成するために、AO入試で相応しい学生を選抜するものです。2011年度の入試での競争率は一般入試前期日程で2.6倍、後期日程が2.2倍で、合格者の平均偏差値は67程度でした。

九州大学法学部に入学する年度に必要な費用は入学料が282,000円、授業料は半期で267,900円、年額は535,800円で合計が817,800円です。授業料は半期分ずつ分納することができるので、入学手続き時には549,900円を納入します。

九州大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
67 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ