HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 久留米大学法学部

久留米大学法学部

久留米大学の法学部では、法律や国際政治の分野でトップクラスの教授による教育を受けることができます。法学部は法律学科、国際政治学科というふたつの学科で構成されていて、法律学科では法律の世界に必要な履修モデル、国際政治学科では3つのコースが用意されています。

学習を通じて将来の進路に合わせた知識を身につけることができ、さらに公務員試験や法曹界に関連した資格を取得するために課外講座も準備されています。法律学科では法律についての伝統的な学習にとどまらず、現代社会に合った学習方法で法について学んでいきます。

将来の目的に合わせた履修モデルが用意されていて情報、福祉、環境や国際関係の法について深く学習することができるようになっています。国際政治学科では世界とのコミュニケーションを深めることができるように国際政治、社会の歴史などについて学習していきます。

外国の地域や政治状況、歴史的な背景などについて学習し、外国語については英語以外のものも深く学習することができます。コースとしては国際関係コース、国際英語コース、国際情報科学コースに分かれています。

久留米大学の入試方式としては推薦入試、学力試験による入試、AO入試が実施されています。推薦入試は、指定校入試と一般入試に分かれています。指定校入試では入学実績の高い高等学校が指定されていて、成績が考慮される以外に面接も課されます。一般推薦入試では成績以外に、小論文と面接の内容が考慮されます。

学力試験による入試には国語・外国語選択科目による一般入試、センター試験の結果を利用しての入試、国語と英語の2教科による3月入試があります。AO入試は国際政治学科で実施されていて、国際問題への興味などを把握するために書類、小論文、面接などを通じて多面的な評価を行います。

久留米大学の法学部の偏差値については法律学科が47、国際政治学科が45となっています。倍率は1.4倍ほどとなっていて、極端に高いということはありません。

久留米大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
47/45 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ