HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 甲南大学法学部

甲南大学法学部

甲南大学法学部は、1960年に設置されて以来社会生活において役立つ法を学ぶことによって、社会が求めている法を守る心を育て、社会に貢献する人材を輩出してきました。学科は法学科だけとなっていて、1年次では少人数の基礎演習が行われていて2年次前期までに憲法、民法、刑法を履修した後に、演習やゼミによって専門領域について深く学んでいきます。

講義では元裁判官、裁判外紛争処理制度の専門家、警察、弁護士会、司法書士会など各界の専門家による『生きた講義』も行われ、実践力を身につけていきます。卒業後の進路に向けたキャリアデザインのサポートも充実しており、官公庁や一般企業で身につけた法律知識を活かしていくことができます。

また、法曹を目指す学生には法科大学院へ進学するための科目があるほか、公務員試験対策の講座なども充実しています。甲南大学法学部では350名を募集しており、入試方式は一般入試のE日程(3教科300点満点)、A日程(3教科400点満点)、B日程(1教科300点満点)、センター試験併用方式入試、指定校推薦入試、スポーツ推薦入試などが実施されています。

競争率については3倍程度となっていて、52ほどの偏差値があれば合格を視野に入れることができます。甲南大学法学部に入学するときに必要とされる費用は入学金が300,000円、前期分学費が443,000円、後期分学費が443,000円で合計1,186,000円となっています。

2年次以降の学費は前期、後期のそれぞれで450,500円となっていて、年間で901,000円です。優れた学生に対する授業料の免除制度として、スポーツ能力に優れた学生の推薦入学試験における優秀者授業料免除制度、AO入学試験における成績優秀者授業料免除制度が設けられています。それぞれ2名以内、1名と狭き門ですが、いずれも法学部では入学年度の1年間の授業料にあたる706,000円が免除されます。

甲南大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
52 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ