HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 九州国際大学法学部

九州国際大学法学部

法学部の平均偏差値が41と、全国的に見てもそれほど高くはない九州国際大学ですが、2009年にカリキュラムが大幅に改定されたこともあり、注目を集めています。九州国際大学法学部では、入試の種類として一般入試と推薦入試、AO入試の3種類を用意しています。この学部の学科は法律学科のみであり、授業料は998,800円となっていて、これは全学部共通です。学科は法律学科のみですが、中でコースに分かれていてリスクマネジメントコース、資格取得・不動産管理コースという2コースが用意されています。

リスクマネジメントコースはおもに警察官や消防士、行政職員や自衛官などを目指す学生に向けたコースになっています。法律的知見からの問題解決能力や理論的思考力を身につけることはもちろんのこと、危機管理の現場で必要となるチームワークや行動力を身につけることにも力を入れています。

一方の資格取得・不動産管理コースでは、目指す資格として管理業務主任者と宅地建物取引主任者があります。これからも、社会でニーズが高いであろう不動産業界に絞って、そこで必要となる資格の取得を目指すコースであり、学生からも高い期待が込められています。

実際、このコースの卒業生たちの主な就職先には積水ハウスや大和ハウス、レオパレス、大東建託など、大手の不動産会社が名を連ねています。九州国際大学法学部のおもしろい特徴のひとつとして、『プレッシャーズミーティング』というものがあります。

これは、もともとアメリカで誕生したオリジナルのプログラムをこの大学で独自に開発したものであり、新入生を対象として、入学後の大学生活を順調に進められるようにサポートするためのプログラムとなっています。具体的にどのようなことが行われるのかというと、1泊2日の研修によって初対面の学生たちが集まり、上級生とチームをつくり、いろいろなアクティビティーをこなしていきます。

課外活動や学生による簡単なスピーチ、チームで問題を解く訓練をしたりとさまざまであり、こうした活動によって一気に学生生活が楽しくなるということです。

九州国際大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
41 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ