HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 大阪経済法科大学法学部

大阪経済法科大学法学部

大阪経済法科大学法学部は『経済と法律、二つの学問の取得による人格の形成』、『実学の精神を持った人材の育成』、『人権の伸長と国際平和への貢献』を建学の理念として1971年の開学より、多くの人材を育成してきました。学部はコース制を採用しており法曹コース、公務員コースに加えて2012年度よりビジネスローコース、国際関係コースが設置されています。

法曹コースでは法律のプロとして法の正義を実現するために弁護士、裁判官、検察官などを目指す法科大学院進学モデル、司法書士、行政書士、裁判所事務官、企業の法務担当などの専門職を目指す準法曹モデルにおいて体系的に学びます。公務員コースでは国家公務員や地方公務員の採用試験合格を目指す一般行政職モデル、警察官や消防官を目指して憲法、民法、刑法、行政法を中心に学ぶ警察官・消防官モデルでそれぞれの目標を目指します。

ビジネスローコースでは民法や商法を学びビジネスリーダーを目指す企業人モデル、六法など高い専門知識を身につけて税理士、社会保険労務士、企業の法務・人事・総務・情報部門を目指す専門職モデルで資格取得を目指します。国際関係コースでは法学・政治学を学び国際機関、NGO職員、外交官、通関士、自治体の国際国流担当などを目指す国際公共モデルと商社、貿易業、外資系企業、企業の国際法務担当を目指してグローバルな視点を身につける国際ビジネスモデルがあります。

また、コースとは別に公務員試験、公認会計士や税理士などの国家試験、法科大学院進学をバックアップするSコース(特進講座)が開講されています。大阪経済法科大学法学部では、200名の学生が募集されています。入試方式としてはAO入試、推薦入試、一般入試、センター試験利用入試などが実施されています。入試での競争率は1.0倍から12.0倍となっていて、合格者の平均偏差値は47となっています。

大阪経済法科大学に入学する年度に必要とされる費用は入学金が200,000円、授業料が前期と後期でそれぞれ498,000円となっていて、合計が1,196,000円です。その他に学会費として4,000円、学友会費として6,000円、教育後援会費として4,000円、校友会費として5,000円が必要です。

大阪経済法科大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
47 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ