HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 関東学院大学法学部

関東学院大学法学部

関東学院大学法学部はキリスト教にもとづいた教育のもと、法律を学ぶことで専門知識によって社会の諸問題を法律という視点から解決していく力がある社会人の育成を目指しています。1年次では法学科全体として基礎を学び、2年次から応用ステージとしてそれぞれのコースへと進みます。

関東学院大学法学部法学科に設置されているコースは司法コース、行政・政策コース、パブリックセキュリティコース、法とビジネスコースという4つです。司法コースでは裁判官、検察官、弁護士などを目指して法科大学院への進学を目標にしたり、また司法書士、行政書士などの専門職を目指します。

行政・政策コースではおもに地方公務員を目指し、政策にかかわるために必要な法律の知識を学びます。パブリックセキュリティコースでは警察官、消防官、海上保安官などの公務員を目指して刑法、行政法を中心に学びます。

法とビジネスコースでは民間企業や非営利団体などでの活躍、起業を目指すために幅広く法律、政治、経済について学びます。各コースともに専門科目とゼミナールのほか、それぞれの目的に応じた課外講座も開講されています。

関東学院大学法学部の定員は385名であり入試方式としては一般入試、大学入試センター試験利用入試、公募制推薦入試、指定校推薦入試、AO入試、有資格者特別入試、外国人留学生入試、帰国生入試、編入学試験、社会人入試など多彩なものが実施されています。得意科目を活かした入試方法を選ぶこともできます。

入試での競争率は1.1倍から1.7倍となっていて、一般入試の前期二科目型がもっとも高い競争率となっています。合格者全体の平均偏差値は、44程度となっています。

関東学院大学法学部に入学する年度に必要な費用は入学金が280,000円、授業料が700,000円、施設費が230,000円、学会費が5,000円、教養学会費が4,000円、学生教育災害傷害保険料が4,660円、学生活動支援費が5,000円、同窓会費が2,500円、後援会費が5,000円で合計1,248,660円となっています。

関東学院大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
44 --- ----

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ