HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 関西大学法学部

関西大学法学部

関西大学の法学部は、現代が抱えるいろいろな問題を知ることにより、その解決策を探るために法と政治に関連する基本的思考法を学習します。また、関西大学の法学部では、法と政治に関連する基本的思考法を学習するために、各分野における第一線の実務家を講師に招いて展開講義を開講し、法律や政策の適用に関する具体的な例を通して柔軟な視野を身につけるようにしています。

リーガルマインドを養成するために基礎型を重視した教育として、ゼミナール形式の授業を多く準備し、学生一人ひとりの理解力、判断力を向上させます。カリキュラムも学生の自主性、興味や関心、将来の進路、専門能力の習熟状況などを考慮しながら、講義や演習をバランス良く配置したカリキュラムが準備されているほか、さまざまな履修相談の機会も設けられています。

関西大学の法学部を4年で卒業した場合に必要な費用は、初年度に入学金260,000円を含む学費として1,070,000円を支払い、それに諸費用として27,000円が加わり、年間で1,097,000円が必要となります。2年次には年間の学費が941,000円と諸費用が27,000円で968,000円、3年次には学費が960,000円と諸費用が7,000円で967,000円、4年次には学費が979,000円と諸費用が7,000円で986,000円が必要になります。

2011年度の入試状況は学部個別日程・全学部日程とその後期日程、センター試験前期、中期、後期をすべて合わせた実績では志願者数が5,976名で、合格者数が1,488名ですので実質の競争率としては3.9倍となっています。特にこの中の学部個別日程・全学部日程では実質競争率が5倍と、非常に高い倍率実績となっていました。

関西大学の法学部の偏差値は、59程度になっています。関西大学の法学部を卒業した後は、法曹界だけではなく特に公務員や教員への就職が22%と実績数値が高くなっています。

関西大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
59 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ