HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 鹿児島大学法学部

鹿児島大学法学部

鹿児島大学で法学部に相当する学部は、法文学部の法政策学科です。 『進取の精神』をもって地域や社会に貢献することのできる人材の育成を目指す大学の教育目標をもとに1949年に設置されて以来、多くの人材を社会に輩出してきました。法律や行政のプロフェッショナルの育成のために、法学教育を基礎として、そのうえに地方行政、金融、保険などの分野でも応用することができるような高い能力を持った人材を育成します。そのために複雑な事実関係を正確に把握する能力、問題の背後にある個別具体的な人間を理解する能力、解決のための有用な情報を収集・分析する能力を身につけるようなカリキュラムが組まれています。

取得することのできる資格としては、教職課程の履修で中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民)が挙げられます。就職のための支援プログラムは充実したものが用意されており、自分の適性を理解して、進むべき方向を決めるための後押しをします。卒業後の進路は国家公務員や地方公務員として活躍するケースがもっとも多く、卒業生の約15%がこれにあたります。この中には一般公務員のほかに、警察官や国税専門官も多くなっています。そのほか、民間企業では金融や保険業への就職も多いことが特徴です。また弁護士、検察官、裁判官などの法曹を目指して法科大学院へ進学する学生も多くいます。

鹿児島大学の法学部にあたる法文学部の法政策学科では、95名の学生を募集しています。入試方式による内訳は一般入試の分離分割方式の前期日程で75名、後期日程で10名、特別入試の推薦入試IIで10名です。そのほか編入学や学資編入の道も開かれています。2011年度の入試での競争率は一般入試の前期日程で1.7倍、後期日程で2.2倍、推薦入試は1.8倍で、合格者の平均偏差値は56程度でした。

鹿児島大学の法学部にあたる法文学部の法政策学科に入学する年度に必要な費用は入学料が282,000円、授業料は半期で267,900円、年額は535,800円で、合計が803,700円です。授業料は半期ずつの分納が可能であり、入学手続き時には549,900円を納入する必要があります。

鹿児島大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
56 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ