HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 法政大学法学部

法政大学法学部

法政大学の法学部には、学科が3つ設けられています。法律学科、政治学科、国際政治学科という3つであり、それぞれの入試偏差値を見てみると法律学科が57、政治学科が56、国際政治学科が55となっています。3学科とも偏差値50を超えており、平均偏差値よりも上であるということができます。それぞれの科のなかでさらにコースがいくつかに分かれており、より将来の自分の目標に近づくコースを選択することができます。

たとえば法律学科であれば裁判と法コース、行政・公共政策と法コース、企業・経営と法コースなどがあります。法政大学法学部の入学金を含めた初年度に必要な学費はというと、合計で1,250,000円となっています。学費の内訳は入学金が270,000円、授業料が年間752,000円、教育充実費が年間228,000円です。入試方法としては一般入試制度、特別入試制度、編入学試験制度があります。

一般入試制度は、センター試験利用入試のことを指しています。特別入試制度は自己推薦や社会人入試、外国からの留学生を対象とした入試などがあり、書類審査、筆記試験、面接が課せられます。編入学試験制度は出願の方法や資格、選考方法がほかの入試方法とは違っているため、確認が必要です。法政大学法学部のホームページから資料請求をすることもできるようになっています。

この学部の卒業生の進路状況を見てみると、特にこれといった特定の職種に就く傾向はみられず、さまざまな業種の企業にバランス良く就職しているという状態です。また、毎年公務員としての採用も学部生の中から15%ほどは出ているということです。就職先の細かい内訳をみてみると製造業、卸売業、小売業、サービス業が10%程度、金融、保険業は一番高く20%程度、その他医療関係や情報、マスコミなどへの就職もあります。主な就職先は東京三菱UFJ銀行やみずほ銀行といった大手金融会社、明治安田生命などの大手保険会社が目立ちます。

法政大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
55から57 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ