HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 平成国際大学法学部

平成国際大学法学部

平成国際大学は法学部だけで構成されている単科大学であり、『幅広い教養を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、もって我が国及び国際社会の発展と人類の福祉に寄与しうる人材を育成すること』を目指して人材の輩出を続けています。法学科は法律一般、政治行政、経営法務、スポーツ福祉政策という4つのコースによって構成されています。

1、2年次では教養科目と基礎科目を学び、3年次から専門科目を履修するカリキュラムとなっていて、コースを超えての科目の履修も可能になっています。1、2年次の基礎演習や3年次からのゼミナール、演習については少人数によって実施されているものです。

卒業後に社会人としてどう進んでいくかということを見据えてのキャリア教育も重視されていて、1年次から正規のカリキュラムに組み込まれています。法律一般コースではリーガルマインドを身につけて公務員、企業人として活躍する人材を育成するために、法律の知識を学ぶと同時に資格の取得にも取り組みます。

政治行政コースでは政治、行政について広い視野でとらえることができ、世界の文化について理解することのできる人材を育成し、地域の担い手を目指します。経営法務コースでは経営、法律の知識を兼ね備えた企業実務、企業法務の専門家を育成しています。

スポーツ福祉政策コースでは法律の専門知識を持ったスポーツ、福祉の専門家を育成します。公認障害者初級スポーツ指導員、日本サッカー協会C級コーチ、レクレーションインストラクターなどの資格を取得することができます。

平成国際大学法学部では、300名の学生が募集されています。入試方式による内訳は推薦入学選考の指定校で80名、公募Aで10名、公募Bで10名、一般入学試験のA 日程で20名、B日程で15名、C日程で10名、センター利用入試のA日程で20名、B日程で15名、C日程で10名、AO入試で100名、特別選抜の社会人5名、留学生5名となっています。

平成国際大学法学部の競争率は1.0倍から1.1倍ということでひどく高いということでもなく、偏差値が48を超えていれば合格の可能性は高まります。

平成国際大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
48 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ