HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 広島大学法学部

広島大学法学部

広島大学の法学部は法的素養、国際社会を生き抜く力を育むことが目的となっています。広島大学の法学部では健全な社会的関心とリーガルマインドを備えた人材を育成するために、さまざまな分野で応用することのできる基礎力を身につけます。

幅広い視野のもとで社会問題を発見する力、法制度の体系的理論にもとづいた問題分析力、論理的思考の下で具体的解決をすることのできる提案力の養成を目指し、法学を中心とした幅広い知見の習得によって、社会に貢献することのできる資質を身につけることが目標となっています。このようにさまざまな分野で応用することのできる力を養成するために法学や政治学、社会学について公共政策とビジネス法務という専門教育科目が準備されています。

学生の進路の違いにより導入、基礎、応用、統合という4つの段階に体系化された公務員志望を対象とする公共政策プログラム、民間企業への就職志望を対象としたビジネス法務プログラムというふたつのプログラムが用意されていて、知識と実践力を習得するようになっています。公共政策プログラムでは、健全な社会的関心と法的素養を備えた基礎力を持った人材の育成を目指して幅広い視野で社会問題を発見する力、法制度の体系的理解にもとづいて法や政治過程の動態を分析する力、論理的思考の下で政策課題の具体的解決を提案する力を身につけます。

ビジネス法務プログラムでは、国際化した社会で企業がもつ諸処の問題を法的な視点から体系的に理解し、企業組織の一員として実務を遂行するための能力や技能を習得することを目指し、さまざまな分野で応用することのできる基礎力を養い、健全な社会的関心と法的素養を備えた人材を育成します。そのために幅広い視野で社会問題を発見する力、現行法制化で企業がもつ諸問題を国際的な視点から分析することのできる力、論理的思考の下で具体的解決を提言し、実務を遂行する力を身につけます。

広島大学の法学部で必要な費用は、入学金が282,000円で授業料が535,800円となっていて、初年度の年額合計が817,800円となっています。広島大学の法学部の偏差値は、63程度となっています。

広島大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
63 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ