HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 大東文化大学法学部

大東文化大学法学部

大東文化大学法学部は1973年に設置された学部であり、法律や政治学を通して論理的思考と正しい判断とバランス感覚を持った人材の育成を教育目標として、歴史を積み重ねてきています。学科構成は法律学科、政治学科という2学科になっています。法律学科にはさらに司法コース、行政コース、企業・国際コースという3つのコースが設置されており、2年次より選択していきます。司法コースでは司法試験を目指しての法科大学院進学や国家公務員I種、司法書士や裁判所職員などを目指します。

行政コースでは法律学、行政学、経済学という3つの分野を学び公務員、警察官、消防士、政治家などを目指します。企業・国際コースではリーガルマインドをもって国際的に活躍することのできる人材の育成を目指していて、卒業後は起業家、国際機関や非営利団体など幅広い社会への可能性があります。政治学科では広い視野を持って社会に寄与することのできる人材を育成するために、2年次から政策・行政コース、国際・情報コースに分かれます。卒業後の進路を考える上で必要となる資格を取得するための支援は充実しており、キャリアセンターでは『ダブルスクール講座』と称して各種の資格を取得するための講座を開講しています。

また、教員や公務員を目指す学生に向けては、専門の採用試験対策講座が開講されています。大東文化大学法学部では法律学科で225名、政治学科で150名、合計で375名の学生が募集されています。入試方式としては自己推薦入試、公募制推薦入試、センター試験利用入試、全学部統一入試、一般入試が実施されています。競争率は1.1倍から3.7倍となっていて、偏差値については46が必要とされます。

大東文化大学法学部へ入学するにあたっては入学金として278,000円、授業料として658,000円、教育充実費として216,000円、学生自治会費として7,100円、安全互助会費として1,800円、青桐会費として8,700円、学会費として10,000円、合計で1,179,600円が必要です。

大東文化大学法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
46 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ