HOME > 全国の法学部の一覧ページ > 中央大学の法学部

中央大学の法学部

中央大学の法学部は法曹界や官界、政界、実業界などに多くの優れた人材を輩出していて伝統と歴史のある学部です。法学部では法律学科、国際企業関係法学科、政治学科を設けていて300講座にもなる演習科目を開講しており、問題を発見することのできる力やそれを分析することのできる力、考える力、発表する力を身につけます。

また、インターンシップ制度もあり、実務経験を通してキャリアデザインを組み立てることができるようになっています。法律学科では基礎科目、発展科目によって通常の講義以外にも、自分の進路に応じた学習をすることのできるいろいろな授業が用意されています。

法律学科が目標としているのは法的な知識や論理力、思考力を習得し、すべての行政部門において必要とされる法運用能力を身につけ、国際化に対応することのできる外国語運用能力をも身につけることです。国際企業関係法学科では国際社会で発生する問題の解決に必要な地球規模のリーガルマインドを身につけるため、国際社会における企業活動から発生する法律問題を中心として、グローバルな視点で問題解決する基礎的な能力を養成します。

国際企業関係法学科が目標としているのは、企業活動のグローバル化にともなって発生する問題の解決に必要な法律、経済、文化などあらゆる面にわたる国際感覚を習得し、日本の法文化と他国との関係を把握するために必要な基礎知識を身につけ、グローバル社会で活躍するためのコミュニケーション能力を高めることです。政治学科では、歴史や思想に学びながら市民社会やガバナンス、グローバリゼーション、ジェンダーなど現代的な課題に応えるために必要な仕組みの考察力、社会のあり方についての構想力を養成します。

政治学科が目標としているのは政治学や法学、経済学のバランスを考えた基礎知識と批判的および論理的に対応することのできる力をつけ、自分の考えを表現し伝達することのできる能力や社会の課題について発見し分析して提案し解決することのできる能力を養成することです。中央大学の法学部に合格するためには、64程度の偏差値が必要とされます。

中央大学の法学部の資料請求はこちら

偏差値 2009年競争率 2008年競争率
64 --- ---

※偏差値情報はあくまでも目安として参考にして下さい

アドセンス広告

ページトップへ