HOME > 法学部で取得しやすくなる資格「学校図書館司書教諭」

法学部で取得しやすくなる資格「学校図書館司書教諭」

学校図書館司書教諭と図書館司書は別のものです。学校図書館司書教諭は、教員として学校図書館の管理を行う仕事ですから、教員の資格を取ることが前提になります。図書館司書の場合は、教諭ということではありません。現状では、教員が司書教諭も兼ねていて、図書館の管理と学級担任なども兼ねるという場合も多いです。

そして、学校の図書館に司書が配置されている場合は、学校図書館司書教諭ではなくて、図書館司書である人が配置されることが多いです。大学の単位を履修することで、学校図書館司書教諭になるには、その大学の要項などを調べて、取得が可能になるようなカリキュラムが準備されているか調べることです。

法学部に進み、将来の選択肢を広げるために司書教諭の資格をとることを考える人もいるかと思いますが、その大学の法学部で取得することが可能か調べておきましょう。例をあげると、成蹊大学は、法学部を含めて取得することが可能で、学校図書館司書教諭課程という課程を準備しています。

学校図書館法を初めとする法に基づいて、必要な履修科目を準備しています。その単位を取得するだけでなく、卒業した時に教職員の免許を授受されるか、2年以上学校にいて、62単以上を修得しておく必要があります。

「学校経営と学校図書館」「学校図書館とメディアの構成」「学習指導と学校図書館」「読書とゆたかな人間性」「情報メディアの活用」が準備されています。全て2単位で合計10単位で、司書教諭となるためには必修科目です。

成蹊大学のカリキュラムでは、2年次からこれらの科目を履修できるようになっています。また、資格を取得できる大学は、法学部よりも文学部に多いようで、希望が強ければ、教育大学にいくか、文学部から探す方が良いでしょう。

例えば東北学院大学は、法学部があり司書教諭になるための課程を設けてくれているのですが、資格が取れるのは文学部だけとなっています。そういった場合は、科目履修で他の大学に行くという方法などもあります。

アドセンス広告

ページトップへ